入院中の服装は持ち物を考える中でも悩みどころですね。

入院案内のパンフレットには「下着・寝間着またはパジャマ」などと記載されていることが多く「前開き」など具体的な記載がないこともあります。

私の入院の経験から過ごしやすい服装と選び方を紹介します。

入院中の服装 寝間着・パジャマはレンタルの病衣がおすすめ

入院案内には「寝間着」「パジャマ」と書いてあることがありますが、細かい指定がある病院では「前開き」と指定されていることもあります。

前開きがいい理由は私の想像ですが
・寝たきりでも着替えができる
・診察しやすい
・緊急時に脱がせやすい
・点滴や検査器具などを取り付けやすい といった理由があると思います。

前開きというとボタンのついたパジャマが浮かびやすいですがボタンはレントゲンなどの検査写ってしまう可能性があるため着替が必要になり不便な点も。

また袖が長すぎると点滴中は邪魔なこともあります。

袖は点滴や採血の針を刺しやすいようにゆとりのあるものを選びましょう。

ベストな服装は「ボタンや金具がなく」「前開き」「七分袖」だと思います。

となるとおすすめはレンタルの病衣です。

レンタルの病衣はボタンや金具がなくじんべえや作務衣のような作りの前開きです。

術後寝たきりの場合は導尿カテーテルを入れやすいように浴衣タイプを勧められることもあります。

メリット・デメリットは別途まとめますが手術当日から術後の自由に動けるまでの間だけでもレンタルの使用をおすすめします

男性ではスウェットやTシャツ・ハーパンといった服装の方も見かけました。

女性はワンピースにレギンスという方も多かったです。

柄があるとレントゲンで写ってしまうことがあるようなので無地を数枚持っていくのがおすすめです。

ウェストはゴムのものにしましょう。

入院中の服装 秋・冬・春の入院の羽織

点滴のしやすさを考えると服の下にタイトな肌着などを着用できないため冬などの時期には寒さが気になります。

病院の中は空調管理がされていますがそれでも多少の暑さ寒さはありますし売店に行くときなど羽織るものがあると便利です。

ここでもまた問題なのが「点滴」

カーディガンは腕や袖口が細く点滴の管が気になります。

私が一番使いやすかった羽織はポンチョです。

ユニクロで買ったのですが前にファスナー、袖にボタンが付いたポンチョは点滴をつけたまま脱ぎ着できてゆとりがあるので使いやすかったです。

厚手のフリースだったのでおなか周りから3本出ていたドレーンの管があっても着用できました。

秋・冬・春の入院には洗える袖口の広い羽織は1枚用意していきましょう。